FC2ブログ
<<07  2020,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
4/3 ワークショップ【フェアトレード】
こんにちは、松島日奈子(ひなこ)です(^O^)
今日は、ちぇかふぇ3日目に私が担当しているフェアトレードに関するワークショップについてのお話です!


その前に…
そもそもフェアトレードって何やろう?って方のためにフェアトレードの紹介を(^ω^)

フェアトレード Fair Trade とは「公正な貿易」。

世界には、先進国に安く買い叩かれた結果、どれだけ物を生産しても低賃金しかもらえず貧しい生活をしている生産者がたくさんいます。
近年流行りのファストファッションや低価格の商品を私たちが手軽に買えることは、こうしたことが理由の一つです。

フェアトレード(公正貿易)とは、こうした貧困問題の解決策の一つとして、商品や作物を買い叩くことをやめて、生産者がきちんと生活できるだけの金額で取引する貿易システムのことです。

ただ、今までよりも高くで買い取るのではなく、それに見合う高品質の商品を生産出来るように技術支援や教育のサポートも行っています。
よく言われる言葉を使うなら、「魚を与えるのではなく、魚の取り方を教える」というのがフェアトレードです。

生産者が自分自身でフェアな賃金を勝ち取り、自分に自信を持って、経済的に自立することをフェアトレードは目指しています。

また、フェアトレードは有機栽培など環境に配慮された生産方法を推奨しています。つまり、フェアトレード商品を買うことは人にも環境にも配慮する、ということなのです!


…はい、すっかり説明が長くなりましたが(´-`)!

お買い物は誰もがすること。特に私たち先進国に住む者は物を買わずには生活はできません。
どうせお金を使うなら、いいことに繋がるようにお金を使いませんか?
買うことは、自分の意思を表明すること・どんな社会になってほしいか投票すること。これが私がフェアトレードを人に伝えるときに一番大切にしていることです。


安く物が買える、という現状の背景に直接目には見えない遠い国の誰かの苦しみがあること。
それと同じように、社会にはたくさんの目には見えないこと・見えにくいこと、当たり前に思えるけど当たり前ではないことがあります。

ワークショップでは、そうしたことを見る、気づく視点を持てるようなお話を用意してます!
グループディスカッションで話して、新しい目線で周りを見たとき、どんなことに気づくか、みんなでその発見を共有しませんか?(^O^)
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ちぇかふぇ

Author:ちぇかふぇ
国際協力カフェ『ちぇかふぇ』

2015/4/1~2
13:00-19:00
@十三 Cafe Slow Osaka


関西の国際協力団体が集まって、国際協力カフェ『ちぇかふぇ』を開きます。あなたの「世界」を、「国際協力」を語る場を一緒に作りませんか?

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR