FC2ブログ
<<07  2020,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
企画案内「開発/国際協力とビジネスは共存可能か?」
こんにちは。
ちぇかふぇのしゅんです。

さて春も近づき、ちぇかふぇも近づく日々となりました。春うららですね~。
私の企画では「開発/国際協力とビジネスは共存可能か?」とのことで、最近非常によく耳にするBoPビジネス、ソーシャルビジネスを取り上げてみようと考えているのですが、簡単にその内容について紹介したいと思います。


おっと、でもその前にBoPビジネスとかソーシャルビジネスを聞いたことがない人もいると思うので、まずそれらの語句について簡単に紹介します。

◆BoPビジネス・ソーシャルビジネスとは?
・BoPビジネスとは、
BOPとは「Base of the Pyramid」の略で、世界の所得別人口構成の中で最も収入が低い所得層を指す言葉で、約40億人がここに該当すると言われています。BOPビジネスは、市場規模が約5兆ドルにも上ると言われるこの層をターゲットとしたビジネスのことであり、企業の利益を追求しつつ、低所得者層の生活水準の向上に貢献できるWin-Winのビジネスモデルが求められています。低所得層にも購入可能な商品を販売して健康を増進したり、新たな雇用を生み出したりなど、途上国に対して開発効果ももたらすという点で非常に注目されています。


・ソーシャルビジネスとは
環境・貧困などの社会的課題の解決を図るための取り組みを持続可能な事業として展開することで、低利融資を通じて貧困層の自立を支援し、ノーベル平和賞を授与されたグラミン銀行のモハマドユヌス氏は、利益の最大化を目指すビジネスとは異なるビジネスモデルとして、「ソーシャル・ビジネス」を提唱しており、ソーシャル・ビジネスとは、特定の社会的目標を追求するために行なわれ、その目標を達成する間に総費用の回収を目指すと定義しています。

ということで、両者とも途上国に対して良い影響を与えると言う点で着目を浴びているのですが、、、それは本当なのでしょうか?というのが、今回の企画の裏にある私の問題意識です。実際調べてみると、BoPビジネスもソーシャルビジネスも、世間的な高い評価の反面、実は数々の問題点も生じていることが分かります。

◆暴利をむさぼるマイクロファイナンス
そのような事例の一つとして、マイクロファイナンスを見てみましょう。

マイクロファイナンス(小規模金融) とは、貧しい人々に小口の融資や貯蓄などのサービスを提供し、彼らが零細事業の運営に役立て、自立し、貧困から脱出することを目指す金融サービスで、世界中で多くの貧困層の生活を改善させたとして非常に評価されています。グラミンバンクというマイクロファイナンス専門の銀行を創設し、マイクロファイナンスを世界に広めたムハマド・ユヌス博士は、その功績をたたえられ、2006年にノーベル平和賞を受賞しています。

しかし、そのマイクロファイナンスにおいても以下のような課題が生じていると言われています。
• 儲かるビジネスとして、マイクロファイナンスという名をつけた高利貸しが存在しており、年率100%以上(グラミン銀行では年率20%)の利子負担を強いるところもある。またその背後にはマイクロファイナンスを行う機関に出資している投資家がいて、貧困層から富を吸い上げている。
• マイクロファイナンスによる融資が収入につながる事業ではなく、生活のための消費(冠婚葬祭における出費やTVなどの贅沢品の購入等)に使われていることがある。その結果、返済のために別のマイクロファイナンス機関からの融資を受けているという債務重複の状態が存在している
• マイクロファイナンス機関同士の間での、規制や情報共有がないため、高利貸しや債務重複の状態の改善が見込まれていない。
• 1.で述べたような投資家の存在により、マイクロファイナンスによる利益や利子収入が国外へ流出してしまい、地域での経済発展をもたらしていない

他にもBoPビジネス・ソーシャルビジネスについて調べても、さまざまな問題が生じていることが分かりました。では、このような現状を見ると、はたしてBoPビジネスやソーシャルビジネスは途上国に対して本当にいい影響を与えることができているのでしょうか?


◆ちぇかふぇ当日をお楽しみに
本企画では、世間的に注目を浴びているBoPビジネス・ソーシャルビジネスについてプラスの側面、マイナスの側面を取り上げた上で、途上国に対する有効性について一緒に考えていきたいと思っています。

BoPビジネスとか初耳の人でも大丈夫!途上国でのビジネスに対するイメージも含めて、みんなでお互いの意見を出しあって考えるきっかけを作っていきたいと思っています。

ではでは、みなさんちぇかふぇ当日をお楽しみに♪
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ちぇかふぇ

Author:ちぇかふぇ
国際協力カフェ『ちぇかふぇ』

2015/4/1~2
13:00-19:00
@十三 Cafe Slow Osaka


関西の国際協力団体が集まって、国際協力カフェ『ちぇかふぇ』を開きます。あなたの「世界」を、「国際協力」を語る場を一緒に作りませんか?

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR