FC2ブログ
<<01  2014,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
「新しい」に出会えるところ。
こんにちは、同志社大学経済学部2回生の松島日奈子(ひなこ)です^^

「なぜ国際協力やちぇかふぇに関わっているのか」というテーマでブログリレーということで。

大学に入学して、私がフェアトレードという形で国際協力に関わり始めてから2年。もうすぐ3年目が始まろうとしています。

小さい頃から海外に興味があって、経済学部で環境や人に優しいお買い物(倫理的消費)について学びたかった私は、大学に入学してフェアトレードに出会いました。
先進国の利益を求めすぎるビジネスによって生じた搾取や児童労働を、フェアトレードという仕組みのビジネスによって解決しようとする。ビジネスで起きた問題をビジネスで解決するってすごくかっこよくないですか?わくわくしませんか?
私がフェアトレードに関わっている理由は他にもいろいろありますが、ブログにすると書いてる私も読んでくださる方もしんどいくらい長くなると思うので、直接会ったときにゆっくり聞いてやってください(*^_^*)笑

もちろん、フェアトレードにはたくさんの問題点や批判の声もあります。それを解決・改善していくためには、ただ「フェアトレードっていいんだよ」って推進するだけじゃなくて、問題点や批判を受け止めて見つめ直すこと、そしてこれまでと違う視点を持つことが大切なんじゃないかな、と思います。フェアトレードを推進する人同士であれこれいっても始まらない。その輪の外に目を向けることで、今までになかった視点から解決のためのヒントが見つかるんじゃないかと思っています。

国際協力ってすごく大きなカテゴリーです。ちぇかふぇに関わる人も、いろんな国で、いろんな考え方に基づいて、いろんな形で活動している人がたくさんいます。ここでなら、きっと新しい考え方に出会える、もっと自分の中に違う視点が増える。そんな気がして、私はちぇかふぇに参加しています。

ちぇかふぇでたくさんの「新しい」に出会えるのを楽しみにしています!^^

*********************************************************************

国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com

**********************************************************************
スタッフとして関わってくれる方も募集してます!気軽に連絡ください!
今後の「ちぇかふぇ」ミーティング予定
〇3/ 7(金) 午後13:00頃~@大淀区民センター(予定)
〇3/31(月) 時間・場所未定
スポンサーサイト



まーぼです。
 
はじめまして。ちぇかふぇのブログ初めてです。

まーぼです。
麻婆豆腐のまーぼです。

国際協力、ちぇかふぇに関わるきっかけということで色々思い出して書き綴ります。


私は受験勉強中、大学生になったら、漠然と
人の役に立つことがしたい!と思ってました。

これは、
やりたいことはやらせてもらえる
家庭環境で育って、自分のしたいように生きてるなーと
ふと気付いたのが原因やとおもいます。


自分のために何かするのと
人のためを思って何かするのと 

人のためとか言ったって、結局自分の何かしたい欲求を
満たすためにやるから、自分のためにやってることに 
なるのかもしれないけど。

それでも、
自分のためだけなら 喜びはひとつ。
人のためなら、その人のためと自分のためと
一石二鳥。
もしかしたら、もっともっと喜びは広がっていく
かもしれない。


とか思いながら、


受験を終え、無事大学生になり、

大学でTABLE FOR TWOの仕組みを学食に取り入れて
いるサークルに入りました。

TABLE FOR TWO(TFT)って、
世界の人口約70億人。
飢餓で苦しむ人、肥満に起因する病気で苦しむ人
共に約10億人。

これっておかしいよね?
一方では、ご飯が食べられなくて苦しんで
もう一方では、食べ過ぎて苦しんで

そんな、不均衡を解消しようと活動します。

具体的には、
先進国でのヘルシーメニュー

発展途上国での子どもたちの給食

ヘルシーメニューの代金の中に
子どもたちの給食費20円が含まれています。

ちぇかふぇと出会ったのも
TFTに関わってきたからで。

いろんな活動する上でモヤモヤしたり
悩んだり、
でも何かしたい、変えたいって気持ちは消えなくて


ご飯がお腹いっぱい食べれる人と食べられない人がいたり
突然殺されることなどない平和な状況暮らしている人がいれば
戦争でいつ死ぬか、って恐怖に怯えながら生きてる人がいて

やっぱりおかしいな。なんでおんなじ地球に
住んでるのに、こんなに違うの?
微力だとしても
みんなにとっていい方法がないかな?
何かできないかな?

って想いがあって活動を続けています。


普段なら出会うことができないけど
国際協力ってことばで繋がった人たちが
出会えて、色んなモヤモヤを共有したり
夢を話したり………
違う活動をしていても、どっかで繋がっていて 

そんなちぇかふぇはすごく楽しみです。


モヤモヤいっぱい抱えていこうと
思ってます。


新たな出会いを、そこからまた新しいActionを。



これまで、そしてこれから。
こんにちは。神戸大学2年の山下 和希(かず)です。

僕が国際協力に興味を持ち始めたのはいつのことだろう、ちょいと過去のことを振り返ってみたいと思います。長くなりますごめんなさい笑

僕がまだ小学生だった頃、2001年世界を揺るがせた911アメリカ同時多発テロ。そして連日のように報道されるアフガニスタン紛争。降り注ぐミサイルに逃げ惑う人々、家を失い難民キャンプでの生活を強いられる人々。
当時8歳だった僕にとって、すべてが信じられない光景でした。明日生きているかもわからない、そんな世界が画面の向こうで広がっている傍ら、僕は何不自由なく生活をしていました。
 
僕はお医者さんになるんだ!

そんなことを悠々と言っていた自分は、難民の子供たちに焦点を当てたある特集に目が止まりました。
日本では毎日学校に行って友達と楽しく勉強ができる。夢を叶えるために勉強ができる。その一方でこの子供たちは家族も友達も学校も...たくさんのものを失い、生きていくのがやっと。でもこの子たちは何も悪くない。ただこの国に生まれただけ。生まれながらの環境のせいで、あらゆる機会を得られないという事実に激しく違和感を抱きました。「子供たちに夢を与える」そのことが僕の夢になりました。
 
高校のときに出会った一冊の本から、ビジネスとしてのアプローチを知り、僕は現在所属する経済学部を志望しました。しかし、ひとつ問題を引けばまた新たな問題が出てくる、「国際協力」というテーマには「答え」と呼ばれるゴールがありません。

何かヒントを得たくて昨年夏インドに一ヶ月バックパックに行ったものの、頭の中はよけいに渦巻くばかり。いくら衛生環境が悪くても、いくら教育が行き届いていなくても、インド人は生きることに対して真摯に向き合って、生きるために生きていました。それに比べて、何も考えずとも何不自由なく生活できてしまう日本。僕たちはいったい何のために生きているのだろう。家族、友人、恋人を何よりも大切にして、日々懸命に生きる彼らの姿は、時間を無駄にし、受け身に生きている僕らのそれよりずっとずっと美しく感じました。幸せって何?正義って何?悩みの種は尽きません。

今回のちぇかふぇで僕が一番楽しみにしてること、それは色んな人の海外での話を聞くことです!色んな国の話を聞いて、みんなの"世界"を覗くのがすごく楽しみです!モヤモヤも尽きないけれど、ワクワクこそ尽きない!そんな世界について一緒に話しませんか。

皆さんと会える日を楽しみにしています(*^_^*)


**********************************************************************

国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com

**********************************************************************
スタッフとして関わってくれる方も募集してます!気軽に連絡ください!
今後の「ちぇかふぇ」ミーティング予定
〇3/ 7(金) 午後13:00頃~@大淀区民センター(予定)
〇3/31(月) 時間・場所未定
国際きょーりょくってなんだろう??
こんにちは、奈良女子大学 食物栄養学科 2回生の安藤さやかです。


国際きょーりょくってなんだろう??
いちおう、東北でボランティア活動をしている団体に所属してます。
岩手県の釜石市の仮設商店街を盛り上げることから始まったんですが、細かいことはおいといて、こういう活動をしていて気づいたことは、
ボランティアというものは「支援する」ばかりではないかも
ということ!釜石へいくと現地の方が孫のようにほんとうにいつも暖かく迎えてくれて、わたしたちがたくさんの元気をもらいます。ときどき、わたしがやってることって誰かの役に立ってる?とおもうけどそれはそれでいいんじゃないかなと!ボランティアは辛い思いをしてまでするものではないとも思いますし。困ったときはお互いさまなんです!
これって国際協力にも共通してるんじゃないかなーと思ったり。

わたしがちぇかふぇに参加するのも、(こんなこといったら真面目に活動してる方に怒られそうですが、、、)なんとなく楽しそうだったから(*^^*)←

きっかけはなんでもいいとわたしは思うんです。でもやるからにはそこそこがんばりたいなぁと!では、ちぇかふぇで色んな方にお会いできるのを楽しみにしています(^ω^)

ぐちゃぐちゃバンバン。
はいどうもー、こんばんは^^
ブログの順番が回ってきました。関学3年生、くぼけんといいます。
最初に書いておきます。まぁまぁ長いです。

さてさて、いろいろあって春休みに海外に行けなくてうずうずしながら春休みを過ごしている自分ですが、18日から昨日までの4日間、IDPCという団体の開発プランニングコンテストに参加してきました!先日ブログを書かれていたしゅんさんや、たまごちゃんもいました。チームに分かれてプロジェクトを考え、プレゼンして架空のIDPCファンドから資金をもらうコンテストといった合宿型のイベントでした。NGOの職員さんや教授の方、企業で開発に携わる方々が審査してくれます。

ケース課題は、日本のNGOとしてバングラデッシュで「豊かさを実現できるプロジェクト」を考えること。

はい。むずかしっ
抽象度たかっ
とおもいました

「豊かさ」ってなんですか?バングラディシュは豊かじゃないの?
みなさんならどう考え、どんなプロジェクトを考えますか?

豊かさとはなんだろう。そもそもぼくらが日本人としてバングラディシュの「豊かさ」を考え、介入するということはどういうことだろう。そこからの議論です。ぼくらのチーム名は「ぐちゃぐちゃバンバン」。うそじゃないですよ笑。意見を遠慮なくバンバン出して、すぐに納得することなく議論をぐちゃぐちゃにしようというかんじで勢いでついた名前ですが、4日間のなかで結果的にそのチーム名の通り、もうモヤモヤぐちゃぐちゃグルグルばんばんバーンってかんじでした。ぼくはうるさくないですが、いちばんうるさいチームでした。たまごちゃんも一緒のチームでした。最終発表の前夜の段階で「もう国際協力ってなんなんやろう??」っていう議論になって朝4時くらいまで議論していました。

まぁプロジェクトの内容とかそこで出てきた意見とかは長くなるんでここでは書きません(もう長いけど)。ちぇかふぇでお会いしたときにでも聞いてください。じゃあここまできて、なにが言いたいかって言うと、もちろんロジカルシンキングに因果関係やらインセンティブをどう考えるかっていうなんかむずかしいっぽい話もありましたが、そんなことよりめっちゃぐちゃぐちゃバンバンした議論が自分の財産になったということです。コンテストでのプレゼンにしても、その議論がすごく生きたものになったということです。

貧困、豊かさ、国際協力、、、そんな言葉。ただの言葉。貧困はなにが問題だろう?貧困は貧困だから問題?国際協力をするとはなにをすること?そこでいつも思うことは、それらの言葉は言葉でしかないんじゃないかということです。貧困という言葉にも国際協力という言葉にも、関わる生身の人がいる。変化の影響を受ける人がいる。そこにいる「人」を無視して使われることがあったり、なかったり。ぼくらは簡単にさらっと使ってることあるけど、それってどういう意味なんだろう。具体的にだれがどんな変化を、どんな影響を受けるのだろう。まぁそういうことも含めてやっぱりもやもやしなきゃいけないんじゃないか。とおもうわけです。というか、もやもやしたいのです。

DSC08099.jpg←インドブッダガヤの牛さん

なんか去年のブログでもおなじようなこと書いた気がしますが、ぼくがちぇかふぇに関わるきっかけというか、ちぇかふぇに対する想いはそこにあります。一緒にもやもやしよう。ぐちゃぐちゃバンバンしよう。もやもやするためにもやもやしたいんじゃないですよ。みんなでもやもやして、考えて、ちょっとずつでも一緒に動いていこう。そういう機会ってなんか関西ではあんまりないじゃないですか。だったらつくろうやってことで去年千秋ちゃんとかさーちゃんとかと企画を初めて、ことしで2年目のちぇかふぇ。ちぇかふぇは話すための場所ではなく、話して動きだすための場所。ことしも去年以上にそんな場所になったらいいなぁっておもいます(^0^)

せっかく合宿でロジカルシンキングを学んだのに論理的じゃないし、なんか暗いんだか明るいんだかわからないかんじでやたら長くなってしまったブログですが、ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。
基本的にくぼは暗いですw(知ってる人は知っている)

みんなでいろんなお話ができる、そんな空間。ことしもくぼはわくわくしています
10分でも5分でも、足を運んでいただければなぁとおもいます!!

最後に去年のちぇかふぇの振り返りムービーのURL貼っておきますね。
http://www.youtube.com/watch?v=4Gn1sTPW9is


ぜひまた会場で。

くぼけん
ちぇかふぇと私
こんにちは、はじめましての方ははじめまして!大阪市立大学1回の西岡沙季です。さきとかみみことか呼ばれています。


私が国際貢献に興味を持ったきっかけは、『僕たちは世界を変えることができない。』という本を読んだことです。その本を読んだきっかけ?向井理が主演の映画の原作だからです(笑)
この本は、ある大学生がカンボジアに小学校を建てた自分の体験を綴ったものなのですが、はっきり言ってスマートじゃない、むしろはちゃめちゃな体験記です。でも私には、この本の作者がすごくかっこよく映りました。

それまでの私は、国際貢献はスマートな人がさらりとやりこなす活動なのかと思っていました。だけどその本で、国際貢献がぐっと近くなりました。私と同じように、笑ったり泣いたり悩んだりする普通の人たちがやっているんだなぁと思ったんです。でもすごくキラキラしている。すごい、私もやってみたいと思いました。

そんなこともあり、大学に入ってTFTの仕組みに惹かれ、TFTの活動をしているサークルに入りました。共通した思いを持っている仲間と活動するのはとても楽しいです。国際貢献への扉を開いてくれた向井理には感謝しています(笑)

ただ、TFTの活動をしていくうちに、なんでこの活動をしているのか分からなくなりました。私は今楽しく活動させてもらっているけど、私がやっていることはただの自己満足じゃないの?と。だって私は、フェアトレードの意味を知っていながら、1枚68円の板チョコを見つけると、大量に買ってしまうようなやつなんです。そんな自分が嫌で、ずっともやもやしていました。

でも、この冬に東北の被災地に行って少し気持ちが変わりました。私たちは本当にただ行っただけなのに、たくさんの人が喜んでくれました。たくさんの話をしてくれました。私が出来ることをしようと東北に行ったはずなのに、私が救われて帰ってきました。もやもやしている私を少しだけ認められる気がしました。これからもいろんな活動を続けていけば、私のこのもやもやも、いつか落ち着く場所を見つけられるかもしれない。もっといろいろなことに関わって、いろいろな人に会いたい。ボランティアにこれから関わろうとしている人、がっつり関わっている人、たくさんの人たちと話をしてみたい。なんでちぇかふぇに関わるかを聞かれたら、これが理由かもしれません。自分でもよくわかってないのですが(笑)

ちぇかふぇのことを考えると、すごくわくわくします。すごく素敵な人たちに出会えました。こんな素敵な環境を楽しみながら、自分にとっての国際貢献を考えていきたいです。
こたえさがし?
こんにちは!奈良女子大学2回生 大内詩野(しの)です。


突然ですが、みなさんの家の近くの川は、きれいな川ですか?

私は、小学生のとき“エコリーダージュニア”(名前の記憶は曖昧です)の活動に参加しました。
自然環境について体験型学習などの活動を行う団体のようなものです。
その活動を通して、市内の川の水質を検査したことがあったのですが、
松山市内の川のなんとまあ汚れていること!
実家の横を流れる川も、確かにポイ捨てだらけで見た目もすごく汚いけれど、
数値にすることでより一層その汚さを痛感しました。

他にも、河口に住む生物を調査したり、
リサイクル場でプレスされ山積みになったペットボトルを見たり…

そういった学習を通して、
洗剤の使い過ぎだったり、食べ残しだったり、ペットボトル入り飲料をたくさん使用したり、
そんなちょっとした生活習慣が、周りの環境を汚していることを知り、
さらに世界で猛威を振るう「環境問題」に繋がることを知りました。

そのとき、
「世界には厳しい環境で生活をしている人がたくさんいるんだな」
と初めて世界に目を向けて考えるようになりました。
(当時は、地球温暖化による海面上昇でツバルがなくなるかもしれない、
といった問題が話題になっていました)


身の回りの、世界の「環境問題」について知ったこと。
それが、私が今国際協力に関わっている きっかけ です。



そんなわけで、小学生のころから漠然と世界や「国際協力」に興味を持っている私ですが、
今でも「国際協力」ってなんだろう、何が目的でやっているんだろう? 
私が今していることは、本当に世界の誰かの幸せに繋がっているの? と考えることがあります。


その答えがいつ見つかるのかは分かりません。
ですが、 ちぇかふぇ でたくさんの人と話して、考えて、
少しでもその答えに近づけるといいな、
近づけなくても、自分の視野や考え方を深められるといいな、と思っています(*^^*)


というわけで、4/1~3の3日間、是非皆さんお話ししましょう!
(私は3日間ずっといます♪)


**********************************************************************

国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com

**********************************************************************

今後の「ちぇかふぇ」ミーティング予定
〇3/ 7(金) 午後13:00頃~@大淀区民センター(予定)
〇3/31(月) 時間・場所未定
はじめまして。
こんにちははじめまして!大阪私立大学 生活科学部 食品栄養科学科 一回生の佐々木香奈です。
あだ名は「さかな」です🐟
「さ」さき「か」「な」で、「さかな」です。
小6の時からの長い付き合いのあだ名で愛着がわいていますε( ε ˙³˙)з。○º

今回のブログリレーのテーマ「なぜ国際協力やちぇかふぇに関わっているのか」についてですが、
まず、国際協力に関わっている理由。
私は現在大阪私立大学のTFT(Table For Two)サークルの他にごみ拾いやFTなどのボランティアをしているサークルに所属しています。
ボランティアはこちら側が一方的に何かをするものと言われていますが、TFTは私達はヘルシーな物が食べられるという良い点、ウガンダやエチオピアなどの子どもたちは給食が食べれるという良い点、すなわちどちらにとってもwinwinです。
このwinwinというところに惹かれて私はTFTに
携わっており、こういう形で私は国際協力に関わっています。
次にちぇかふぇに関わっている理由は最初カフェのメニューを考えたりする方での参加を考えていたのですが、
後でブログリレーにでてくるまーぼにカフェ以外の企画のほうにも参加してみないかと誘われてミーティング参加したのがきっかけです。
ミーティングに参加してみて、周りの人たちと話しあい志の強さに強く惹かれました。
強く惹かれてもっとこの人たちと、そしてカフェに来てくれる人たちとお話したいと思ったのがちぇかふぇに関わっている理由です。


ぜひ、カフェメニューも楽しみにしながらちぇかふぇに来てください( ˊᵕˋ* )♩
国際協力ってなんやねん?
こんにちは。
ちぇかふぇ企画に参加しているしゅんです!
この四月から大阪大学の3年生になります。


このブログを覗いてくださっている皆さんはもうご存じだと思いますが、今年もちぇかふぇが開催されます\(^o^)/実は初耳(@_@;)って方のために簡単に紹介すると、関西で国際協力に関心を持っている学生がそれぞれの団体・個人に関係なく集まって、企画者も大学生の参加者も一般の参加者も合わせて、みんなで国際協力や途上国といったトピックに関して、ざっくばらんに話し合うイベントなんですね。


でも、そもそも国際協力ってなんやねん?って方もいらっしゃると思います。
そこで今日のブログでは、僕の思う国際協力について簡単に紹介させてもらえたら~って思います。

あなたは国際協力って言われてイメージ湧きます?ぶっちゃけよくわかんないですよね?笑イメージ湧いたとしても、国連だとか国境なき医師団だとかODAだとか青年海外協力隊だとか、、、小難しい話ばかりで自分には全く関係ない、遠い世界の話だなんて思ってしまっていませんか?でもそのくせ普通の大学生でも国際協力活動をするサークルとかあって、結局国際協力って誰が何をするものなんやろう??



国際協力ってよく魚釣りに例えられるんですよ。

途上国の人たちに様々な物資や財を提供することを、「魚をあげる」と表現したり、あるいはただ提供するだけではなくてちゃんとその物資や財の使い方や作り方を教えてあげることを「魚の釣り方を教えてあげる」「釣り竿の作り方を教えてあげる」と表現したり。
だいたい有名なのが今あげたような文句なのですが、他にも「漁の仕方を教えてあげる」だとか「魚の売り方を教えてあげる」だとか、、、色々あります(笑)


じゃあ国際協力って結局なんやねん?って思うと思うんですが、僕の思う国際協力って
「途上国の人たちが自分たちで自分たちの幸せを創るためのお手伝い」
だと思うんですね。

魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教えてあげた方がその人自身が自分で自分の幸せを創ることにつながりますよね。魚の釣り方を教えるのもいいけど、漁の仕方を教えてあげたら、周りの人みんなで幸せを創ることができますよね。漁の仕方を教えるのもいいけど、取れた魚を売るための場所があったら、魚を売って収入につなげることができるよね。魚を売ってお金になったら、もっと丈夫な家に住めるよね。あるいは奇麗な服を買えるよね。子供を学校に通わせてあげられるよね。丈夫な家に住んだり、奇麗な服を着てたら自分の自信になるよね。化粧もしたくなるかもしれない。子供も学校で勉強できたら、お医者さんになることも先生になることもコンピューター技師になることもできるよね。そしたら自分の夢を叶えることにもつながって、幸せになれるよね!。。。

国際協力ってこういうことだと思うんですよ。
色んな人が色んな形で、色んな人たちが自分たちで幸せを創っていく、そのお手伝いをしているんですね。国連の人たちも対象の国で、その国の人たちが自分たちで自分たちの幸せを創るお手伝いをしている。国境なき医師団の人たちも、紛争に巻き込まれた人たちの傷ついた身体を治療し、自分たちで幸せを創っていくための元気な身体に戻すお手伝いをしている。ODA事業もその事業を通じてインフラなどの土台を作り、途上国の人たちが自分たちで幸せを創っていくお手伝いをしている。青年海外協力隊の人も、、、

長々と書いてしまいましたが、国際協力ってそんな難しいものでもハードルが高いものでもないと思うんです。あなたもきっと家族、友人が困っていたら手を差し伸べ、その人が幸せになれるように力を貸してあげますよね。それと同じだと思うんです。それが、ただちょっと遠く離れた、違う国の人たちというだけ。
底にある想いはきっとあなたが日々想っていることと同じだと思います。



ちぇかふぇには、色んな国で色んな形で、色んな人たちが自分たちで幸せを創るためのお手伝いをしている人がいっぱいいて、わいわいにぎやかにそれぞれの想いについて話しています。国際協力ってちょっと、、、なんて気にしないで、ぜひ覗いてみてください。
あなたの想いもお待ちしています。


***
***

今後の「ちぇかふぇ」ミーティング予定
3/7(金) 午後13:00頃~@大淀区民センター(予定)
アクセス:http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016600.html
3/31(月) 時間・場所は未定です。
※ミーティング日は随時追加される予定です。

国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com
世界はクソったれで、それゆえに美しい。
うおう、うっかりしてたら日付が変わってしまっていたΣ(=ω= ;)
と、まぁ基本的にマイペースです笑 今から書くので許してくださいorz

大阪大学 法学部 国際公共政策学科2年の山崎悠希(やまざき ゆうき)です!
普段は、「やまちゃん」とか「ざきやま」とかとか呼ばれております。特技はイジられることです(不本意ながら)

「なぜ国際協力やちぇかふぇに関わっているのか」というブログリレーのテーマですね!
一昨日のしおじぃの記事「20年分の3日間」や他のみんなのような心動かされるお話しから打って変わって、僕の考えを暗い目要素おおめでお送りしていきます(笑)
よろしくお願いいたします。

さて、では最初に「なぜ僕は国際協力に興味をもったのか」―
たぶんそれは「世の中は理不尽なようにできている」と小さい時から考えていたことから始まっていると思います。
小学校のころにイジメを受けていて、僕はみんなと仲良くなりたいのに、「ノリ」という理不尽な、バカらしい理由で仲良くなれない、拒否される、そうした生活をしていた時がありました。その時に、自分がイジメられたくないがために
強い方について人を非難する人であったりとか、それをただ傍観してるだけの人を見て、
「世界で起こってるようなことも、こんな感じなんだろうな」と思っていました。

自分の利益のために、人を傷つけて、だますようなヤツがいて、そうした「強い」ヤツにくっついて、一緒に悪さをするヤツらがいて、そして世界の大部分はそのことに無関心で、いつもどこかで誰かが泣いている。そうした状況に、同じ「いじめられっこ」として、貧困にあえぐ人々や弱い立場にある人と何か共感するものがあったのかもしれません。そういう話を聞くたびに僕は「悔しい」と思いました。
「間違ってるのは向こうのはずなのに」「なんで僕なのか」「ただただ僕はみんなと仲良くしたいだけなのに」

そうした中で、僕に手を差し伸べてくれる人がいました。家族はもちろん、幸運なことに、そのような体制に不満を持つ友だちや今までのイジメを後悔して味方になってくれた人もいました。そうした人たちに手を差し伸べてもらったとき、
どれだけ嬉しかったか。どれだけ報われたか。僕は僕に手を差し伸べてくれた人のようになりたい。そう思った。

それが僕の国際協力に興味をもったきっかけかもしれない。暗くてごめんなさい(笑)

で、それから派生して、国際協力とかに対して興味を持ち始めた結果、ちぇかふぇに関わろうと思ったわけで。
少しテーマからはズレるけれども、今回のちぇかふぇで僕は「どうしたら世界はよくなるか」ではなく「今
世界はどのように動いているのか」を参加者のみんなと、楽しみながら、一緒に考えたいと思っています。


というのは、世界で起こっている暴力や貧困は「いじめ」のように、「普通」の人が「普通」に判断した結果であり、
世界は、みんながみんな、ちぇかふぇに来てくれるような、優しい人たちでできてはいないと思うからです。


強い力があって、自分の好き勝手できてしまう環境があったら、その力を使って、他人を蹴落として自分が一番「幸せ」になろうとするのは普通のことだと思います。そして、そういう人たちに逆らって攻撃されたくないから、ただ傍観してるっていう人の行動も理解できます。自分がその立場だったら「普通そうなるよな」って、思うことが積み重なった結果いろんな人が泣いている。

その現状をちゃんと見据えて、「どうやったら楽しく、このくそったれな世界を変えられるのか」みんなで考えられるような、そんな楽しくも深いちぇかふぇにしたいと考えています。


こんなクソったれな世界に、絶望しながらも、でもあきらめきれない、まだ何かできるハズだ、なんとかどうにかできないのか、全力で考える、楽しむ、行動する。なーんて小難しく考えてる人もいるってことを知っていただけたら幸いです笑 みなさんのご参加お待ちしています!!!!


次は、あっちゃんさん!!
迷路のような通過点



みなさんこんばんは~!◎
2月15日のミーティングの報告です。

今日は3日間のカフェで行う企画について話し合いました(^^)

「国際協力」と一言でいっても、
それは1つの学問でもなければ、1つの職業の種類でもありません。
入り口も沢山あれば出口にもたどり着けない、長い長い迷路のような。
あのー、猫の恩返しに出てくる最後の迷路のような!バローン!!
・・・話がそれました。

ちぇかふぇの3日間はきっと、迷路の入り口で、通過点で、
そして、ゴールの保障はありません。
でも、ゴールへのはいっぱい転がっています。
そんな“Key”wordが、こちら!

Fairtrade(FT)、教育、文化(国際交流・留学)、TableForTwo(TFT)、ジェンダー、
ART、貿易、Philippines、環境問題、平和、ビジネス、政策、児童買春、医療、
国内問題、貧困・・・などなど!

これらのkeywordを中心にワークショップやFreeTalkを企画しています。
1つでもびび!ときたあなた。こんな企画がしたい!と思ったあなた。
一緒にカフェの空間を作りませんか?

当日ふらっと来るのも、ミーティングに参加するのも、大歓迎です!
気軽に連絡待ってます(*^_^*)

ながたにちあき



***
***

今後の「ちぇかふぇ」ミーティング予定
3/7(金) 午後13:00頃~@大淀区民センター(予定)
アクセス:http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016600.html
3/31(月) 時間・場所は未定です。
※ミーティング日は随時追加される予定です。

国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com


mtg@弁天町

20年分の3日間
いま確実に言えることは、恐らく記事が長文になるだろうということです。ごめんなさい。
もやもやもやもや、一つずつ立ち止まって書いてみようと思います。


同志社大学政策学部2回生の塩路 和義(しおじ かずよし)です
みんなからは「しおじい」とか「しおじ」なんて呼ばれてます。名字のめずらしさには自信あり。
僕が国際協力とちぇかふぇに携わる理由を、これまでを振り返りつつ書けたらと思います。
なんだか初心に帰るって新鮮で穏やかな気持ちになれますね


僕が国際関係の仕事を知ったのは、他でもない某通信教育のおかげなのです。
毎月届く教材には問題集と雑誌が入っています。その雑誌に「お仕事紹介コーナー」のページがありました。
例えばパン屋さんなら「朝3時に起きるのが辛いけど、お客さんの笑顔で元気をもらえます!」みたいな。そのなかに青年海外協力隊で働く人が特集されていて、ああスゴイことやってるなあ、と何となく思ったのが始まりです。でも当時ぼくはまだ小学生。英語なんてチャレンジ出来ないだろうとその人を雲の上の人のように見てました。

それから約8年後、あの東日本大震災が日本を襲いました。当時高校2年生だった僕は受験に差し掛かろうとしており、被災地に行くためのお金も当然ありません。
僕は無力でした。
でもこの暗いムードの中、個人的に最も胸を打たれて感動した出来事がおこります。

ニュージーランドが日本に義援金を送ってくれたのです。

純粋に、ああすごいな!と感嘆しました。なんて優しいんだろう。ニュージーランドも日本の震災の少し前に大震災に見舞われて、自分の国のことで大変なはずなのに……。
これをきっかけに国際関係をもっと知りたいと思うようになりました。


そんなこんなで大学に入り、僕は海外で家を建てるサークルで活動を始めます。
実際に現地に行ってその土地の人の話を聞く。すると彼の人柄と人生にグッと引き込まれて話に魅了されてしまうのです。例えば1回生の時に出会ったミャンマー人男性。自由のない軍事政権下でとてもつらい思いをしたはずなのに、穏やかな笑顔でぼくを包み込み、彼の夢をアツく語ってくれました。不自由がなぜ優しさにつながるのか。僕はここに惹かれ、別れ際には涙を流すほど心を交わすことができました。
それからというもの、僕にとってミャンマーは「ミャンマー」ではなく、「あの人がいる国」になっています。


人と出会うということは、その人の人生に触れることだと思います。
そもそも自分の人生や自分の経験は非常に限られたものです。それゆえの対話です。
誰かと対話をすることで、その人独自の、今まで自分が知ることの無かった10年・20年・30年を知る。共感する。世界が広がる。
そして互いに心を交わせたならば、今まで遠い存在だった学校・団体から「あの人がいる学校・団体」へと親近感が湧くのではないでしょうか。

そして「ちぇかふぇ」はこれを体感する絶好のチャンスだと思います!
敷居も低く壁もない。その先も広く繋がれるような「ちぇかふぇ」が果たしてどうなるのか、今後が楽しみです


てことで、お次はざきやまよろしくね!
「わくわく」。
こんばんは、あんでぃーです。
関西学院大学総合政策学部1回生です。
あんでぃーをわかりやすく説明するなら、きっと
平和×もやもや×わくわく×アイスクリーム。(トゲ という声が聞こえてきそうでうが。笑)

今日のブログはそんなあんでぃーが綴ろうと思います。


「わくわく」×「ちぇかふぇ」。

みなさんが「わくわく」するときってどんな時ですか?

興味のあることについて学べるとき?
凄い!と思える人に出逢えたとき?
仲間や大好きな人たちと何かをつくりあげるとき?
なにかすごく可能性や自信を感じた時??
アイスクリームの新商品もしくはじゃがりこの期間限定商品が発売されたとき?笑

私は今上で挙げたような瞬間や事柄に わくわく します。
アイスクリームやじゃがりこを除いたその他は、
私が「ちぇかねっと」や「ちぇかふぇ」に対して抱く わくわく と重なります。


今回「国際協力カフェちぇかふぇ 2014」のリーダーをさせて頂くこととなり(恐れ多いのですが。)、どんな「ちぇかふぇ」にしたいだろうか?と考えたときに、真っ先に浮かんだことばが わくわく でした。


来てくれる人もスタッフも、みんなが わくわく できる3日間をつくりたい。
そんな素敵な3日間を大好きな皆さんと、つくりたい。

このブログを書いている今も、想いをことばにするだけで わくわく しています。笑
楽しみですね、ちぇかふぇ!素敵な3日間になるように頑張ります♪

平和への想い とか 私にとっての国際協力 とか語り始めたらきっと収まらなくなるので、もしまた回ってきたらそのようなことを書こうと思います★


それでは、大好きな広島から、あんでいーでした!
次はしおじい♪








みなさん、こんばんは!
京都外大の2回生
しげおこと、重田大輝です!

今日は、
日常のなかにひそむ
気づきについて…,。

本日、サークルの後輩と
1日を過ごしました。
コンサートに行き、
大阪城のイルミネーションを見て、
居酒屋で飯を食って。

そんな何気ない日々での
ひとつひとつの瞬間に、
国際貢献の一歩とも
なり得るような気づきが
潜んでいる、ということに
たくさん出会いました。

みなさんは
日々そういったものを
感じ取っていますか??

色んな人と交流することで
新たな発見がたくさん生まれます!

ちぇかふぇを通して
これから関わっていくみなさま!
みんなで関西に変革を
もたらしましょうー!!
よろしくおなしゃす!!

おつぎはあんでぃー!!
「夢」はありますか?

二度目の登場!くらわかことくらわか。
関西外大2回生ですね。
本日ブログ書く担当です。

ってことでね、

国際貢献のきっかけ?


んー。
ほんとに難しい。シンプルな質問ですけどあたしにとったら凄い難しい。

なんだろ。簡単にいうと

あたしの夢は
「みんなが幸せでありますように」
凄い単純ですけど、笑いたかったら笑ってください、実際にそうなんです。
でも、あたし「人」が好きなんです。愛してるとも言うのかね。
だから、そんな社会や世界を求めてしまうんです。それが正義かどうかは、まだわからん!
あたしはここで全てを語って終わらせたくない、また来年、半年後?書きたいなって思う。

ふたつめに、
ちぇかふぇへの参加する理由?

ほんとにごめんなさい。あたしはね、
ただただ、みんなに出会えて
「これだ!ここだ!」って思った。
それだけ。
国際貢献、ちぇかふぇ、TFT、全部あたしは出会った時に思わされた。
ナニかを感じた。その正体をまだあたしは知らない。知らないふりをしているだけかもしれない。そしてみんなと関わるうちに、知らないことを知ったことがたくさんある。

あたしの場合

夢がきっかけを求め、そしてここまできて本当はこわいのに、まだまだ歩いていく。そんなただのビビリな人 です。笑

夢を持つのは自由だ。
それも、年齢関係なく、性別も、もちろん一人でも友達や家族と一緒でも。

ちゃんとまとめれんくてごめんなさい。
読んでくれてありがとうございます(^_^)
くらわかでした。

では、次は しげおくんの番なのですよ。
おたのしみに。
きっかけに気付けるかが勝負
こんばんは!
京都大学文学部2回生、堀川泉です。いずみんと呼ばれてます^^*

本日のブログを担当するということで、
私が国際協力やちぇかふぇに関わっているきっかけを書かせていただきます!


私は、中学、高校の頃から国際協力に興味がありました。
けれど、具体的に何かをしようとは特に思わず、ずっとそのまま来ていました。

少し考えが変わったのは、大学に合格した時です。
不合格を経験し、浪人した末の合格だったため、勿論うれしかったのですが、それに加えて、
「自分が合格したということは、誰かが落ちたということだ」
と、その時まざまざと感じたのです。

同時にそれは入試だけにとどまらない話で、
日本には、世界には、どれほど苦労している人々がいるか、
自分が今いかに恵まれているか、以前よりはっきりと考えるようになったのです。

そんな時Table For Towに出会い、
途上国と先進国のどちらにもメリットのある国際協力に魅力を感じ、
二年間京大での活動に関わってきました。
その関連で今回のちぇかふぇにも参加させてもらってます(*^^*)


このように私は、TFTという活動分野を既に持ってのちぇかふぇ参加になりますが、
国際貢献に興味はあるけど、自分に何が出来るんかなーって人も、ぜひお越し下さい!
何かを感じる、何かを始めるきっかけって、結構思いがけないところにあったりするものなので。
受験を通じて国際協力始める人もいるのです 笑

既に何かの活動に参加されている方も、その団体や肩書きから外れて、
自分という一人の人間として、ちぇかふぇに来て、色んな人と出会って、色々考えて、一杯語って、
何か新しいものを見つけていただけたらな、と思っています(o^^o)

みなさんと一緒に、どんな空間を創っていけるのか、今から楽しみです!


明日の担当は、行動力のかたまり、くらわかですー
「国際協力」「ちぇかふぇ」にワタシが関わる理由
こんにちは&はじめまして!
本日ちぇかふぇのブログを担当させていただきます、関西外国語大学2回生の榛葉あかねと申します・ω・
本日はとても寒いですねー!普段雪が積もらない地元ですら、うっすら雪積もってます・∀・


はじめましてというわけで、だぁーっと記事を書き始める前に軽く自己紹介させていただきます!


名前:榛葉あかね(名字は「しんは」と読みます)
→名字が変わっていることからたまに中国人と間違われますが、いいえ、間違いなく純粋な日本人です

性別:女です

所属団体:学生国際協力団体CREDO
→2009年にカンボジアのポーサット州に建設できた中学校に支援を届けている学生団体です・ω・詳細はこちらhttp://ameblo.jp/wearecredo/

見た目:カンボジア人とよく似ているらしいです
→カンボジアに行くとカンボジア人にカンボジア人だと間違われます・ω・現地の大学生にカンボジア人みたいな顔してるね!って爆笑されたこともありました笑 

好きなアーティスト:高橋優
→「同じ空の下」という曲は、今までの人生で出会った曲の中でNo.1よりOnly1の最高の曲だと思っています


こんな感じですね・∀・しんはとはこんな感じの人間です!


で、自己紹介を終えたので本題に移ります!


つい昨日始まりましたブログリレー!みんなでブログまわしていきます^^
ブログリレーのお題は、
「なぜ国際協力やちぇかふぇに関わっているのか」
です!


では初めに「なぜ私が国際協力に関わっているのか」!

まず私が初めて
「国際協力ってすげー!」
って思って、国際協力にとても魅力を感じたのは高校1年生の時でした。
とある授業の課題のソースとして、TVでたまたま見掛けた「Mother House」という、かばんや財布を途上国で作りそれを売ってビジネスで途上国のサポートをするという素敵なお店へ個人的にインタビューをしに行ったことがきっかけでした。

それまでの私は
「寄付=貧困で苦しむ人たちの手助け」
というイメージしかなかったため、
「ビジネスで助ける」
という考えがありませんでした。
そのため、とても衝撃を受けて課題がめっちゃはかどったのを覚えています笑

でもそのときは本当にそれっきり。それ以降国際協力について考えることはほぼ全くありませんでした。


しかしそれが一変、人生変わったのは高校2年生の12月2日に通っていた高校で行われた、飢餓対策機構の方の出前講座でした。
その方のお話は、当時何も知らない私にとって衝撃的なものでした。
少年兵の話、アフリカでの貧困の話…
写真と共に語られたその話は未だに頭の隅っこに残るくらい、無知だった私に体当たりしてきました。

例えば、少年兵の話は衝撃的すぎました。
子どもがゲリラ集団に誘拐される→何を食べ、どう人を殺すかのみを教えられる→子どもは家族のもとへ帰れると言われ喜んで帰る→ゲリラの人に「これまでの成果を発揮するときだ」と言われる→こどもは『家族の命』か『自分の命』どちらをとるのかという選択肢を与えられる→『自分の命』を選んだこどもは帰る場所なくなる→ゲリラの軍人としてこれからも生きる

簡単にまとめるとこのような話をしてくださりました。
世界でそんなことが起こってたんや。なんで知らんかったんやろ。
って思いました。


そして
「私でも何か手助けとかできひんのかなぁ。いや、する。途上国で何かしらで困っている人たちに対して何かやりたい!!」
って思いました・ω・

その後「国際協力をする」という曖昧で漠然とした夢を抱えながら過ごして、大学1回生の頃に道端でほんと偶然出会った学生国際協力団体CREDO(現所属団体)に入って、それから今まで大学生なりに国際協力に関わっています。

という訳です(・∀・)ノ


次に「なぜちぇかふぇに関わっているのか」!


実は私は1年前に行われたちぇかふぇにも3日目のみ参加者として参加させてもらっていました。
その時に同じようなことに興味を持った人たちとつながれたり、国際協力に関することや団体に関することなどいろいろな話ができたりして、すごく良い機会やったなぁ、またこの機会があれば参加したいなーって思っていました!

すると約10か月の時を経て、2日前にブログを書いていたくらわかちゃんから、
「ちぇかふぇのミーティングがあるんやけど、よかったら来ないー?」
という風な連絡をもらいました・∀・!

スタッフ側か。
ありやな。
やりたーーい!!

と思ってミーティングに参加することに決めました!

しかしそのミーティングには諸事情で参加できず笑

でもその次のミーティングにはたまたま参加させてもらうことになり、いろいろな話を聞いて、
気が付けば今このようにブログを書かせてもらっている、という感じです笑


私はちぇかふぇの概念好きです。
個人個人の想いやつながりを大切にし、気軽に国際協力などについて話せる場所!
すてき(´∀`*)
「今の関西を変えたい!」
「世界をより良くしたい!」
など、同じような想いを持った人たちが集うとか、もう最強ですよね(´∀`*)


そのような場所を作るために自分には何ができるのか、まだよくわかりませんが、スタッフとして関わるということで、自分なりにやれるだけ全力で関わらせてもらおうかなと思っています!


4月1日から3日はちぇかふぇ!!
スケジュール帳にみなさん書き込みOKでしょうか??

みんなで想い分かち合って、国際協力や世界について一緒に考えましょー\(・∀・)ノ



以上、長い文章を最後まで読んでくださりありがとうございました。
よろしくお願いします!


関西外国語大学2回生
榛葉あかね
国際協力って?
こんにちは!今日から「ちぇかふぇ2014スタッフブログリレー」がスタートします。

記念すべき第一号を執筆させてもらうことになった、大阪大学 法学部 国際公共政策学科 立山奏子です。
たまごって呼ばれてます!大学では、オーケストラに所属してバイオリンを弾いてます。音楽大好きです。

「…あれ?国際協力カフェスタッフとかいうから、何か国際協力系の団体に所属してすごいことやってるんやと思った!」という人、きっといると思います。

でも、そんなことない!!

もちろん、スタッフの中にはそういった団体に所属している人も多いですが、
私はどこかの団体に属してるわけではありません。

でも興味はある。

だから自分の出来る範囲で色々やってます。都合のつく日にボランティアやったり、色んな講演会に足運んだり、地域開発の研修に参加したり。

「そーゆーことやってても、結局何も具体的な支援とかしてへんやん。」

そういわれたら、それはそう。だからちょっともやもやしたり、めっちゃ考えたりもする。けど、そういう人って他にもいるんじゃないかな?

ちぇかふぇには「大学では~団体に入って、~の支援をしています。」こういう自己紹介ができる人はもちろん、「今どこかの国際協力系の団体に入って活動してるわけではない、でも興味はある!」そういう人にもぜひぜひ、気軽に来て欲しいです!!

ちぇかふぇに来たら、いろんな人との出会いがあります。悩みを共有できる場があります。


国際協力に
興味がある→それなら是非。
興味なんかないよ→それでも是非是非。笑
4月1日~3日開催のちぇかふぇにきてください!


次はしんはちゃん!

たまご


2月6日 ミーティング、そして。
みなさんこんばんは!
ちぇかふぇ広報担当 関西外大2回の倉和香です!
誰よりも単純で、日々眠そうな顔をしていますが中身は結構…笑


と、いうことで第3回のミーティングの報告です!
今回は初めに個人的に企画案を出してもらい、
それをふまえ企画班と広報班にわかれてもらい各班で話し合いました!

話し合い決まった内容は
・各企画の具体案
・今後のスケジュール(広報+企画)
・ちぇかふぇのゆるきゃら完成!!

すっごいアバウトかも。笑
ではでは、
そのゆるきゃら(原案)発表をここでしちゃいます!!(^^)!

「ちぇカップ」


名前「ちぇカップ」
コンセプトとしては、やっぱりカフェなのでカップを。
そしてそのカップからでる「夢」や「希望」。
個人的にみんなに描いてほしいから描きやすいってのを…笑

とりあえず、何を言いたいかというと絵心がなくてすいません。
それでもみんなが嬉しいことを言ってくれるんです…感謝。

『ちぇかふぇ』まで、約2か月きっちゃいました!
ミーティングをしているとね
一人一人の個性の色が出て綺麗だなと思う、くらわかです。
読んでいただきありがとうございました♪
…ってこんな適当でいいのかしら( ;∀;) 
プロフィール

ちぇかふぇ

Author:ちぇかふぇ
国際協力カフェ『ちぇかふぇ』

2015/4/1~2
13:00-19:00
@十三 Cafe Slow Osaka


関西の国際協力団体が集まって、国際協力カフェ『ちぇかふぇ』を開きます。あなたの「世界」を、「国際協力」を語る場を一緒に作りませんか?

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR