FC2ブログ
<<04  2013,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
なんとなくない毎日
ちぇかふぇから1ヶ月。

あなたのこの1ヶ月。


新しいことを見つけた人
新しい団体を見つけた人
もやもやができた人
何か走り始めた人
なにもしなかった人

いろーんな人がいると思います。

なんとなく過ごすも 
なんとなくじゃなく過ごすも
どんな1ヶ月でも、それはあなたの1ヶ月。

いやでも時間は進みます。
世界は今も動いています。


えーっと、ここで
ここでかなり話は逸れるのですが、
GWはみなさんどんな風に過ごしましたか?

私は京都で「ユトリロ展」に行ってきました。
”ユリトロ”は、モンマルトルの画家と呼ばれていて
アルコール依存症のリハビリとして、絵を描くようになった人です。
ワインをリットル単位で飲むために
「リトリロ」なんてあだ名がついちゃうくらい
ちょっとやばい人です。
でも、どんなに泥酔していても、
筆を持つ手は震えることはなくて
しっかりした意志をもって描いていたんですね。


で、なにが言いたいかというとです。
どんなに道から外れそうになっても
自暴自棄になっても
不安になっても
自分の一部となった軸は
ぶれさせてはいけないし、
おそらくぶれないだろうってゆうことです。


「国際協力」って、最初はなんだか
すごくすごくワクワクするんです。
新しい国を知るにつれて
多くの人と人と繋がるにつれて
もしかしたら、世界は変えられるかもしれない。
そんな風にさえ思えてしまう。

ちぇかふぇに来た人は
なにかしら国際協力に魅力を感じ、
希望をもって活動を始めた人(始めようとしている人)が
来てくれたと思います。



でも、国際協力と向き合って
現実を見るにつれて、
わからないこと
わたしたちではどうにもならないことを知って。

何もしていないのに
何もできないことに絶望する。

実は、私の中で「ちぇかふぇ」は
そんなちょっとした絶望の中の
スタートだったんです。
私の学生生活の中の国際協力的絶望(笑)

つながることに意味はあるのか、
学生が国際協力をするのは意味があるのか。

もやもやもやもや。


もやもやしながらはじめて
もやもやしながら終わりました。


でも、「ちぇかふぇ」で3日間をすごして、
同じような気持ちの人にたくさん出会いました。

悩んでるのは私だけじゃなくて
みんなそれぞれ同じようにもやもやしていて
誰もがぶつかる壁なんだなぁって思いました。

そして、自分の中でも、
もやもやするっていうことは、
結局自分の中の軸は国際協力なんじゃないかって
思いました。


ユリトロと比べることなんて
ユリトロさんに失礼すぎるけど、
どんなにお酒におぼれても
筆を持つ手に意志はある。

私だって、どんなに悩んでも、
きっと答えは「国際協力」の中にあるはずだと。


私はこの1ヶ月、
どちらかといえばなにもせず、
もやもやーっと
うだうだなやみながら過ごしてきました。
でも、なんだかんだ言って
ちぇかふぇに来た人と連絡とってみたり、
写真を見返してにやにやしたり、
どこかに「ちぇかふぇ」はあって。

あなたの1ヶ月には
何がありましたか?


もりぞーの写真展企画はすごくきれいにまとまっていたのに、
私の文章は支離滅裂でごめんなさい。
私にとって「ちぇかふぇ」は集大成であり
スタートでした。

去年の秋くらいから企画にかかわってくれた人を始め、
たくさんのスタッフ
ちぇかふぇにきてくれたみんな
ほんとにほんとに、何度「ありがとう」といっても
足りないくらい感謝しています。

ありがとう。

長い長い文章につきあっていただき、
ありがとうございました。



どこかに「ちぇかふぇ」が、
1か月前のあなたがいたら、
嬉しいです。



「ちぇかふぇ」代表 ちあき
スポンサーサイト



プロフィール

ちぇかふぇ

Author:ちぇかふぇ
国際協力カフェ『ちぇかふぇ』

2015/4/1~2
13:00-19:00
@十三 Cafe Slow Osaka


関西の国際協力団体が集まって、国際協力カフェ『ちぇかふぇ』を開きます。あなたの「世界」を、「国際協力」を語る場を一緒に作りませんか?

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR