FC2ブログ
<<07  2020,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
気づきとタイミングとそれから。
20140330180046b09.jpg


山の源泉から流れてになり大海原へ。

川の水or石=自分 と想像してみてください。

たとえば「人生」「夢」とか
言葉をこういった自然や日常のモノに置き換えてみるのっておもしろいと思いませんか?

あ、旅を人生に例えるひともいますよね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こんにちは!
関西大学3回のきーまんです。
去年はBEAMで活動してて、スタッフとして関わらせてもらいました。

いよいよ明日から3日間始まりますね!
いろんな人にお会いできるのが楽しみです(^^)/


①コトバ
②タイミング
③ヤクワリ

今回はこの3つについて書きます。
(色文字はリンクを貼ってます)




<国際協力>という分野を知ってまだ2年ですが
知識よりも行動から入った身としては、現状を知れば知るほど
いろんな問題が深く絡みついて、一歩踏み出すことの難しさを思い知りました。



言葉は、人それぞれのもつ意味が大切だと思っていて
僕自身なるべく考えるようにしてますし、多くの人たちの言葉に触れたいと思っています。



そういう意味でも「ちぇかふぇ」は、様々な方向から国際協力にアプローチしていたり
国外だけじゃなしに
被災地支援やホームレス問題など日本国内の問題に対して取り組んでいたりする人
もやもやをもって何かを見つけにくる人
世界にわくわくしてる人
旅好きの人


いろんな人がいてほんと楽しいし、この気軽に話せるカフェの空間が好きです
普段考えないことに触れるいいきっかけになるんじゃないかな。



1年前のちぇかふぇブログでは
既存の言葉に振り回されるなら 意味なんて変えちゃえ!
と結構楽天的でしたが、言葉を自分なりにかみ砕く、という部分では今も変わらないかも。



このちぇかふぇに参加して、自分の見る景色が少し変わったというのは確かです。


一番の収穫は気づき出会い


figure-magnifying-glass.jpg



新しく知る、ことは想像以上に自分の中で大きいと感じます。
気づくことは視点が変わること。

たとえば、鳥の眼になれば上から全体を把握できるかもしれない・虫になれば細かい点に気づくかもしれない・弱者の立場では?etc

見る目によって景色も変わりますよね



そして気づきを与えてくれるのが、一つ一つの出会い。


すべての出来事(楽しいこと/辛いこと)は繋がっている
政治や環境、貧困、教育、経済などの分野も人も。


そう考えると
無駄なことなんてないと最近感じるようになりました。


今、このブログを読みにきてくれたのも出会い。
ありがとうございます!


出会いや自分のやりたいことが見つかるタイミングはバラバラ。


存分に模索していけばいいと思います。



僕の場合、幸運なことに現段階での自分のやりたいことが見つかりスッキリしてます。
1ヶ月前まではもやもやしてたのに。笑
これもタイミング。


ちぇかふぇでの出会いは大きいです。

終わってから続く関係がいいもんです。



20140331232524a34.jpg



去年カフェで料理をつくってくれていた透子ちゃんの記事に重なる部分もありますが
人にはそれぞれ役割があると思っています


たとえば、車。

車ひとつが手元に届くのにいろんな分野の人が関わっています。
デザイナー、部品作る人、溶接する人、検査する人、販売員etc

ひとつでも欠けると完成しません。



実際に肌で感じた例としては、


photo4.jpg


裸足の大学(barefoot college)で出会った人たち。
ろうそくを作っています。


photo2.jpg photo2 (1)

こっちはソーラーパネル兼ソーラークッキング装置(左)と発電機(右)です。


2月のインド一人旅で一番得たモノが大きかったところ。
この大学にはハンディキャップ(身体障害)を抱えた人たちが通っており
国籍はブラジル、ネパール、ジンバブエと様々です。


photo1 (1)


彼らは文字の読み書きはできませんが、
ここで技術を学ぶことで自分の役割を実感していました。


それに、たとえ専門的な技術を持ってなくても、
料理がうまいとか道案内できるとか
自分にはコレが出来るんだ!
という小さな自信が自分を変えたと言っていました。


それはすごく大事だなと思います。


役割


ひとり1人が自分の可能性を信じて
協力し合うことができたらいいですね。


ちなみに忘れてましたが僕は生物系の学部でした。笑
ので、その知識を生かして自然と共生するライフスタイルを創りたい(バイオミミクリー)と思ってます。



長い話を最後まで読んでいただきありがとうございます!

ではでは
ちぇかふぇで会ったときはよろしくお願いします*

photo1 (2)


以上きーまんでした。



*************************************************
国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com
***************************************************
スポンサーサイト



ハッピークラウン
こんにちは、あっちゃんです。

大阪大学の3年生で、長崎出身、チョコレートで動いています。

近頃のニックネームは「ハッピークラウン」です。

IMG_4636.jpg


赤い鼻をつけて会場にいると思うので、見つけた方は話しかけてみてください^^

さて、みなさま、このブログと出会ってくださりありがとうございます。

ご存知のことかも分かりませんが、来週4月の1〜3日に十三で国際協力カフェが開かれます。

「Change kansai network略してちぇかねっとが開くカフェ」だから

「ちぇかふぇ」です。

さて、ひとつキーワードが出ました。

国際協力」です。






なにそれ?







Wikipedia先生によれば

「国際協力(こくさいきょうりょく)は、政府間、他国間、あるいは民間で行われる、国境を超えた援助・協力活動のことである。起源は19世紀の赤十字活動などに求められるが、国際的に本格的に実施されたのは1960年代からである。日本の場合、1980年代以降活発に展開されている。」

だそうです。

よくわからないですね。

ボランティア・・・なのでしょうか。

慈善活動・・・なのでしょうか。

はたまた政治的戦略・・・?

それとも、自己満足・・・?

結局「国際協力」ってなんなのでしょうか。

国際協力に関心のある人が集まるカフェ」って、なんなのでしょうか。

このちぇかふぇには、この「国際協力」ということばについて自分なりに定義している人や、

意味を捉えあぐねている人、いっぱいいると思います。

全く興味のないお客さんも来ていただけるかもしれません。

このはっきりしているようで実はすかすかな、「国際協力」について、少しでも関心を持っていただいたり、

自分なりの色づけができるような場所になればいいなと思っています。



あ、ぼくですか?



IMG_5662.jpg



ぼくの国際協力は、「子どもと遊ぶこと」です。

国際協力」って言う言葉を使うとなんだかとても大層で偉大なことをしているように聞こえてしまいますが、

今、ぼくにできることは、「子どもと遊ぶこと」だけです。

もちろん、他にもいろいろなことは考えますが、僕の国際協力は、これです。

もし当日、赤い鼻のクラウンに話しかけていただければ、もう少しお話しします。

お時間が少しでもありましたら、十三ですのでぜひお越し下さい。

あっちゃんでした!

IMG_5511.jpg


*********************************************************************
国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com
***********************************************************


共に生きるということ
international cooperation
国際協力。

この言葉がなければ私は、今ここで、何かしたいとか、何が出来るんだろうとか、そんな風に悩めなかったと思う。
「ボランティア」も「社会貢献」も、言葉があって、興味を持って、検索が出来る、今ってそんな世の中。少なくとも私のいるこの環境は。

だから、わたしは「国際協力」って言葉が、あってよかったと思う。

でも、「Cooperation」訳せば「協力」になるいうこの、言葉の意味は考えなきゃいけないと思う。

この春、私が訪れたムンバイにある教室には、インドのスラムの子供たちが通っていました。その教室は、運営するためにたくさんの日本人、そしてインド人が関わっていました。そこでは日本人もインド人も真剣に喧嘩もすれば涙も流すし、もう、私が今まで抱いてきた「国際協力」の理想の形がなかった訳です。

誤解を恐れずにいうと、「国際協力」って、win-winが理想の形だと思っていました。
日本人(支援する側)と途上国の人(支援される側)がどちらもハッピーな。
私達は今までにない経験をして、
当たり前が当たり前じゃないことに気づいて、
幸せって何か考えて、
今あるこの環境に感謝する。

お湯がでる~(;_:)電気が安定してる~(;_:)とか(笑)まぁそれはおいといて。


私達はきっと、同じ時代に生まれて、この地球上で共に生きているから、この不平等な世界を何とかしようと、協力しようと思い始めたんよね、。私だって、何かのきっかけがあって、途上国の存在を知ったから。
でも、その、「共に生きる」ということは、思っているより難しいらしいことを、インドで、やっと、4回生になる目前で気づいた訳なんです、私は。

小学校6年生の総合学習のテーマが「共生」で、当時まじめだった私は(今も・・!)盲導犬や聴導犬について勉強したり、バリアフリーって言葉を多用してみたり、12歳なりに共に生きることを考えたわけです。共に生きることは難しいけど、可能なんだって。きっと、なんとかなるって。そんなふうになんとなく思って(多分)小学校を卒業したんだと思う。

こんな風に考え直すなんて思ってもしませんでしたが(笑)
日本人同士でも、外国人とでも、
嫌なことは嫌だし、悲しいことは悲しいし、楽しいことは楽しいと、表現できる相手がいて初めて、私は感情を持って生きていて、それを誰かと寄り添っていることで気付けるんじゃないかなって。
先進国の人が強く(支援し)、途上国が弱い(支援される)わけじゃない。
私達はなによりもまず、同じ時代を共に生きる人間なんだ。
勝手にwin-winは決めちゃいけない。

なんか、哲学みたいになっちゃって、ごめんなさい。
生きてる意味とか、考えちゃう年頃なんです(新4回生の宿命ですよね!ね!)


結局、「国際協力」って言葉はよくわからないし、今回は「協力すること」と「共に生きる」ことをリンクさせてしまってなんかもう一人で今泣きそうなんやけど、(;_:)

「国際協力」という言葉があったからこそ、私達は良くも悪くもこうして世界が何とかならないかと悩み苦しみ(?)してて、悩み苦しみしながら、再び何かできないかとアンテナを張って、様々な形の国際協力に出会い、団体に入ったり個人的に何かactionを起こしてて。
だから、どの活動が正しいとか間違ってるとかは、もう、なくて。
みんな、きっと「共に生きる」ために、世界のあの子にも、今隣にいるあの子にも、寄り添ってるんじゃないかなって。自分の存在を確かめながら、相手を思いながら。


Cooperation を「協力」と訳すことの違和感
理想の国際協力の形って、なんなのか、そもそもあるのかないのか、
そんな、ちょっと抽象的な、でも、きっと、今この春に考える感情を
ちょっと、考えてみてほしいです。


・・・ぜひ、わたしと。(笑)




国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com
no reason と言いたいところですが
こんばんは!
本日は私わかなむ(京都大学経済学部2回生・徳井わか菜)がブログを担当させていただきます^ ^
すでにブログを書いてる何人かと一緒に、TFT-UA関西支部のコアをやってます。



さてさて、私がなぜ国際協力に関わってるかということですが。
きっかけは、大学に入るときに初めてTFTを知って、これおもしろい!やりたい!って思ったこと。

私の出身高校ではESD(持続可能な開発のための教育)が盛んで、世界の貧困などの問題について学ぶ機会が多くありました。でも授業では、聞いて終わり、調べて終わり。

そんなときにTFTに出会いました。
これなら学んだことに対して、無力な私にも何かできるんじゃないか?
そう感じて以来関わっている、という感じです!




ところで、国際協力っていうとなんかすごいことみたいですよね。
でも、私はすごい人間でも何でもない。世界には私の知らないことがほとんど。貧困をなくしたいとか思っているわりに、行動できていないことがたくさん。
こんな私が仮にも国際協力に関わっていていいのかなーとか考えることがよくありました。というか今でも考えてしまいます。

でも、「すごい人」がやっているだけでは絶対力が足りない。「ふつうの人」がみんなでちょっとずつでもやらないと、貧困とか飢餓とか大きな問題は絶対に解決できないはず。
だから私は「ふつうの人」として「ふつうの人」にもできる国際協力を広めていきたい。


「なぜ私が国際協力に関わり続けているか?」に対する今のところの答えはこんな感じです!
それでも、やっぱり間違ってるんちゃうかとか考えてしまうわけですが。
他のちぇかふぇメンバー同様やっぱりもやもやしてますが、このもやもやをちぇかふぇで話せたらなーと思ってます^ ^



ではでは、誰でもwelcome!なちぇかふぇの詳細はこちら!!↓↓

国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com
皆さん、お久しぶりです
みなさんこんにちは!そしてお久しぶりです。
Table For TwoUAの関西支部で2013年度コアをやっていました、
小川透子です。ちぇかふぇには去年は主にキッチンスタッフとして参加してました^^

58909_240970852715177_1254227516_n.jpg
(去年のちぇかふぇ最終日!スタッフと最後まで残ってくれたお客さんたち)

『なぜ国際協力やちぇかふぇに関わっているのか』についてのブログリレーをやっているから
書いてくれないか、と現コアのくらわかから機会をもらったので1年ぶりに書かせてもらいます。
(1年経つのはやすぎてビビってます。)

『なぜ国際協力やちぇかふぇに関わっているのか』
私なりの答えを簡潔に言うと
「自分ができることだから」 だと思います。

大した専門知識なんぞないけど世界の皆が笑顔になればいいなとお節介な性格より思ってて
料理が好きで将来自分のカフェを開きたくて人と関わるのが好きな私にとってちょうどいいじゃないか!
と、まあこんな感じです。

なのでお客さんとして参加しようかな~どうしようかな~と思ってる皆さんもぜひフラっと寄ってみてほしいと思います。
ちょっとしたきっかけで人はかわるものですからね!

ではちぇかふぇ詳細はこちら!!↓

国際協力カフェ 「ちぇかふぇ」
2014年4月1日~3日 10:30~18:00
@Café Slow Osaka(阪急十三駅徒歩7分)
アクセス:http://www.cafeslow-osaka.com/

「ちぇかふぇ」は、世界について国際協力について考えたり、
自由にいろいろな人と話ができるカフェです。
今年は、もっと気軽に国際協力をやってる人も関わったことの無い人も誰でも参加できる、
わくわくも悩みもなんでも共有できる。そして、参加者みんなが企画者になって、
みんなでつくるちぇかふぇを目指していきます。

Twitter:@ckn_cafe
Blog:http://ckncafe.blog.fc2.com/
問い合わせアドレス:we.change.kansa1@gmail.com


皆さんに特に伝えないといけないのはこのへんまでだと思うので
興味がない方は以下は読み飛ばしていただいて結構ですよ!!

私は超平凡な大学生です。TFTをしているからといって途上国に行ったこともないし、
正直今後も行くことがあるのかどうかも分からないです。
コアを引退してからは時間が驚くほどできたので毎日映画見まくって
音楽聞きまくって(イギリスのバンドが好きです)ギター弾いて
時々就活して(実は就活ライフも昨日でほぼ終わりました)おいしいごはん食べて作って
愛犬ハナちゃんを毎日愛でつつ毎日バイトしてます。

でも自分がすべきことはきちんとやっている自信があります。
途上国の勉強を少しずつですが進めていますし、料理が好きで人が好きな自分の将来を考え、今後できることも考えています。国際協力をする周囲の人に対して自分ができるサポートなどは怠らないようにしています。
でも逆に自分がすべきでない、他にもこのフィールドを望んでいる、適している人がいると思ったときは
無理に挑戦しないし適していると思う人に紹介したりします。
自分にできることとやるべきことが重なっているのでとても生き生きと毎日過ごせます。

地球上にはいろんな人がいて、その人々にはそれぞれの役割や性格があって社会は成り立つんだと思います。

皆が皆同じことして同じ生活をすることは私は正直無理だと思うんです。でも、
皆がそれぞれの役割を全うしてその役割が正当な形で、生き生きと果たせる地球になればいいなあ。
そして国際協力も「協力」てあるんだから、一方的な手助けではなく、
途上国と先進国の差がうまってお互いがお互いを助ける形になればいいなあ。

最後に私がとても共感したウルグアイのムヒカ大統領のスピーチのリンクを貼っておきます。
http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/

まあ、いろいろ書きましたが最後まで読んでくれた方はいるでしょうか。(笑)
読んでくれた方とぜひぜひちぇかふぇで会えたらいいな、と思います。
では失礼します^^
プロフィール

ちぇかふぇ

Author:ちぇかふぇ
国際協力カフェ『ちぇかふぇ』

2015/4/1~2
13:00-19:00
@十三 Cafe Slow Osaka


関西の国際協力団体が集まって、国際協力カフェ『ちぇかふぇ』を開きます。あなたの「世界」を、「国際協力」を語る場を一緒に作りませんか?

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR